越谷市H様邸 屋根・外壁塗装工事

 

BEFORE

外壁塗装工事は、放っておくとどんどん住宅の壁が劣化していき、そのうち雨などの侵入を防ぐことが出来なくなります。

特にあまり見る機会のない屋根は、外壁以上に強い紫外線があたるなど環境が過酷なため、

より劣化しやすいと言われています。

定期的なメンテナンスがとても重要になってきます。


既存屋根解体中


屋根下地増し張り

既存の野地板の上に、新しい野地板を張り下地の補強を行う工事です。

一つの目安として野地板の耐用年数は20年~30年と言われています。

屋根ルーフィング張り

ルーフィングとは屋根の下に敷くシート状の防水建材です。

本来は屋根材だけでは雨漏りは防げません。

屋根材の下に、このルーフィングを張ることにより止水しています。


屋根コロニアル張り

「コロニアル」は新築住宅で最も使われている屋根です。

セメント基材とパルプ繊維の頑固な結合で生み出された素材でできていて、瓦の代わりになる薄い屋根材です。


外壁高圧洗浄

高圧洗浄は、塗装の工程で一番重要なんです。

塗料の密着力を上げる為、高圧洗浄で雨や湿気で付いたコケやカビ、チョーキングを綺麗にしたり

旧塗膜の浮きや密着が弱くなっている塗膜を剥がす目的があります。


塗装

艶が出ているのは表面が平滑な証拠です。

平滑に仕上げることで雨による自浄作用を生みやすくしています。

雨水をきちんと地面に流してあげることで、家は長持ちします。

 


AFTER

今回の工事で回復できたのは見た目の美しさだけでなく、失っていた本来の機能もあります。

定期的なメンテナンスで大切なお家を長く守りましょう(=゚ω゚)ノ

ホウセイ建設では、施工は当社の職人が行っています。

無駄なマージンや仲介料が発生しませんので低価格での工事が可能です。